隠居の独り言(昭和の縁日 

  • 2019.09.04 Wednesday
  • 08:00

オレが残したいものに「縁日風景」がある。縁日(語源的には宗教行事に縁のある日)例えば、浅草寺の四万六千日(その日参るとそれだけ効果がある)。宗教寺社の境内で盛り上げる為の出店なのだが、娯楽の少なかった昔は子供のあこがれだった。ウチは五月蠅かったから縁日(夜店)の買い食いは禁止、かといって、「金魚すくい」「水玉」はあまり興味を感じなかった。事実戦前は不衛生で買い食いをして(アイスキャンデー)疫痢(伝染病)で死亡した友達もいる。

 

資料としては6代目円生の「両国風景」(音源不明)がある。それによると、あれをやっているのは「香具師」(ヤシとも)やくざとは別としてある。やる場所は浅草奥山(浅草寺のウラにそう言いう場所があった)とか両国広小路(正式には両国橋の西東の広場で西側の方が位が高く、あまり品のないのは出せなかった。(江戸城があったというより西側に幕府の船乗り場が)東は「向こう両国」と言って何でもだせたという。

 

その種類は1珍物(カエル娘、等)2鳴り物(ろくろ首等)3おっぴらき(バナナ叩き売り、がまの油等そのままのもの)の3種類

柳好等によると「がまの油」は京橋の銀座道理の夜店にあったそうだが、私は見ていない。もう少し前での話だろう。

京橋3丁目、(第1相互館のウラ)清正公堂の3の日の縁日が忘れられない。銀座ウラ(2丁目辺)新富町にも縁日はあったそうである。

 

10数年前大国魂神社の縁日でそれらしい小屋掛けを見た記憶がある。

 

 

人に勧めたくなるモノ・江戸箒(ほうき)

江戸箒(江戸ほうき)老舗|白木屋傳兵衛

隠居の独り言(鰻のたれ)

  • 2019.09.03 Tuesday
  • 08:00

一人住まい、料理、洗濯、入浴、一人でやっていると、かみさんのご恩を感ずる。御恩ばかりでなく、色々なことも解って来る。料理、麻婆豆腐があんなに簡単に出来るとは知らないんだ。

 

大体、料理って、「下ごしらえ」に時間も手間もかかる。下ごしらえとはちょっと違うが、暑くなって、野菜の保存に困った。キャベツなんか、1個買って1週間で食べきれない。腐る。毎日、毎日、腐ったキャベツを剥いでいた。『切キャベツ」の袋を買って気が付いた。こんなのならと思い、次に1個のキャベツを買って4っ割にし、3個を冷凍にし、1個を「切キャベツ」にした。ひと月掛けて1個を使い切った。カボチャも同じである。やって見なけりゃあ分からない。

 

鰻のたれは百年も使い続けるというが、科学的に言うと1月で「もとだれ」の3/4は使っちまうそうである。私は安い鰻(も滅多にたべないが)は酒だけで煮る。これに袋の垂れ(足りなければにんべんを足して)で温めて、満足している。

 

ドミグラも職業がら朝から晩まで沸かせれば野菜のはっぱ、骨、何から何まで、で作れるのだが、マネ出来ない。売っているものは銘柄品でもダメ、洋食屋でも余程のところでないと、既製品で作ったとしか言えない味、これなら、自前とそんなに違いはない。

オレの舌能力が低下したのかも知れない。

 

材量が特定している時、「何を作るか?」はinternetは役に立つ。それにしてもこっちはレシピを探すのに、商品販売の多さにあきれる。

 

人に勧めたくなるモノ・江戸箒(ほうき)

江戸箒(江戸ほうき)老舗|白木屋傳兵衛

隠居の独り言(オスプレイ)

  • 2019.09.02 Monday
  • 08:00

あんまり飛行機は書かないのでたまには・・。

 

C−42オスプレイ、日本では「危ない」飛行機になったままでいるが、この飛行機の恩恵に浴していることは、日本人誰も知らない。これは知ろうともしない、そして知らないジャアナリズムの故。

 

若し、普天間に12機のC42 駐留していなかったら、もっと魚釣島(中国名)は日本の領地ではなくなろう。まあ、中国人であれ、日本人であれ、島位で人命を賭ける必要はないだろうが、竹島の様に「既製事実」を作らせない方が良いと思う。もし、外国兵が・・、の場合船だと、1昼夜掛かる。オスプレイなら2時間だ。どっちが良いと思う?

 

Boaingが発表するひと月前に、インドネシアとマレーシアでB737MAX7が事故を起こした途端、中国は737全機の運行を中止させた。(3月後に分かった理由はソフト)

 

日本人はお盆休みで浮かれているほど、国際情勢は甘くないのだ。

 

ついでに言って置くと、オスプレイ、事故、起こしてる?

 

人に勧めたくなるモノ・江戸箒(ほうき)

江戸箒(江戸ほうき)老舗|白木屋傳兵衛

隠居の独り言(温度計)

  • 2019.09.01 Sunday
  • 08:00

暑くなった。外は体温を超えるという。大戦後初めて冷房に遭った時はまさに「文化」に出会った感がした。(暖かいのも同じで石油ストーブは「文化」だった)「文化」が今や、老人にとっては、「生死」を分ける「道具」になった。

 

老人になって初めて知ったことに、年齢によって「体感温度」もっと正確に言えば、「対応温度」が老若によって違う(当たり前のことだが誰も言わない)ことだ。

 

真夏、老人の「体感温度」は28度湿度60%前後、若年と6−8度高い。

 

1年前置き時計を買った。千円程度の安物(リズム製)だが、温度、湿度、しかも電波時計、現在これが命を支えている。実感温度が時によって違うのだ。28度で寒い時もあれば、29度でも平気な時もある。機械は「第三者的温度」を示してくれる。

 

最高温度35度を超えた今、部屋のクーラーは30度、対湿度に設定してある。この場合、30度が上限であるらしい。機械は部屋の「温度計」ではないのだから、これで27度〜29度を行ったり来たりする。寒過ぎれば消す。すると、消えないで、「クリーン」の電気(これは30分位すると消える)夜間寝る時も4時間で消えるよう設定する。

 

これで先代金馬を聞きながら就寝する。何一つ、欠けても、(睡眠導入剤もだ)寝付けない。贅沢なもんだ。大災害でも起きると、災害弱者になる公算大。

 

人に勧めたくなるモノ・江戸箒(ほうき)

江戸箒(江戸ほうき)老舗|白木屋傳兵衛

隠居の独り言(団地祭りの美しい・・)

  • 2019.08.31 Saturday
  • 08:00

7/28(日)朝8時疲れた体に鞭打って家庭ごみを出すのに下へ行った。たまたまだが美しい光景にお目にかかった。ボランティアをお願いした、ご近所の学男子学生さん、そろいのトレーナーを着て、手に長い火ばさみとペールを持って前夜(土曜日)の「ゴミ」を拾って集めているのである。

 

意味が解って、ショックを受けた。

早朝なので誰も見て居ない。頼んだほうだって、そこまで頼みはしないどろう。

私だって、異様の3人の若者が何をしているんだろう?だった。

頼まれない、褒められない。有名にならない。それこそ、ボランチアの本等の意味である。

この3人本年の団地祭り最高の「美しい光景」であった。

 

人に勧めたくなるモノ・江戸箒(ほうき)

江戸箒(江戸ほうき)老舗|白木屋傳兵衛