SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

白木屋伝兵衛六代目・中村梅吉のBlog 「うめくさ」

今は隠居中の6代目中村梅吉。彼は白木屋中村伝兵衛商店の先代だけでなく、江戸の歴史・文化研究者の一面も持っています。その彼が記す江戸のこと、京橋のこと、歴史のこと。どうぞ気を楽にして、お付き合い下さいませ。
阿武咲。
0

    相撲を見る人以外「読めない」。

     

    阿武松(しょうのまつ)という親方(部屋)があり、そこの注目株がこの名を貰ったという。

     

    今日難聴者でTVを見る人もいる。反論があれば、「何故画面に文字を入れ得るのか」問いたい。

     

    日本語は難しい。人と土地の名前は特に難しい。

     

    難しいお名前にはかなを振って下さいとのフレーズは良く見る。

     

    日本語の難しい使い方にはもっとあると思うのだが、思い着かない。と、swを切ると思い出すのだが。

    | - | 17:55 | - | trackbacks(0) | - | - |
    Smart and thumb。
    0

      NHK「ためしてガッテン」9/13で、手首の痛いの でやっていた。

       

      親指を「Thum」とは初耳だが、要はスマートフォンを親指で動かしていると、腱鞘炎になると言う忠告で私には、パソコンしか関係ないが、何でも「親指」は「モノを掴む」以外の使い方は苦手らしい。

       

      それより、今スマートフォンをお使いの若いかたがた、歳を取ってから「目」が効かなくなるぞお!!

       

      これからの推薦は「眼医者」だと思うんだがなあ。

      | - | 17:53 | - | trackbacks(0) | - | - |
      西大島に。
      0

        「西大島に住む皆さんへ」なる封筒に入った書類(封筒が無ければ唯のチラシ)がポスチングされた。開けて見る。

         

        西大島の皆さまとなっているが、大島の皆さんが読んでも面白い。羅漢寺の東に53階建てが建つそうだが、その辺もあるのか。西大島のアンケート結果らしい。結語に「暮らしやすいと感じる一方で、災害対策への検討が必要な地域です」とある。まことに當を得ている。

         

        そこで、當団地も災害対策について述べたい。以前、高層に憧れ、船堀の23階に居たことがある。周りは少数のマンションと学校を除き、皆2階建て木造住宅、地震、火災は別にして、出水、の時は皆さんどうするのか気になった。船堀駅周辺で2mの出水でつからないのは、江戸川縁にある某有名製薬会社の建物のみである。とやこう言ううち311が来てエレベーターが止まり、高層は身にこたえるのでこちらに引っ越した。(家賃も高かったが)大島は駅でもマイナス2m程東京湾標準水位である。

         

        昔、「深川に住んで畳を濡らす不評者」なるざれ唄があった。昭和20何年かアイオンかキティか(アメリカ式台風の命名法で頭がABC順で何個目か解かる)で埼玉県(確か権現山の堤)が切れ下町一帯が出水した。三好町に住んでるのが、あのうちはどうして3段上がって玄関だろうと。家内の実家は新大橋だが玄関は3段あがった。最初訪れた時、その話を思い出す。家内のウチは其の3段で水を免れたという。

         

        當団地から外へ出るのになだらかだが1m程下る。つまり當団地は標準水位マイナス1mなのだ。これはアイオンが来なければ、皆さんには分からない。

         

        地震、火事(類焼)出水、ダウンバースト、當団地は大丈夫である。ここでダメなら何処へ行ってもダメ。あとは運しだい?

         

        あとは当座の水、食料品を数週間用意するだけ、願うことではないが、そんな時は自治会へ入って置けばなお有利、とオチを付けて置こう。

        | - | 17:52 | - | trackbacks(0) | - | - |
        あのオスプレイ。
        0

          あのオスプレイが8/29、6;30大分空港に臨時着陸した。

           

          安全の為の緊急着陸だと言う。左エンジンから煙が出たとか、数日前沖縄、伊江島でエンジンの具合が悪かったとかで、結局エンジンを取り換えることになり、8/31、嘉手納からC130(4発輸送機)で、エンジン,2基、工具とも運んで、小さい写真とその旨、新聞に出た。その写真が良い。

           

          一般のかたには不要だろうが、マニアにはとてもうれしい写真だ。工具を外す記事を見て、どこまでの工具をと思う。アメリカ兵は5ポンド以上手に持たない。エンジンを持ち上げるのにどんな工具をと思う。

           

          オスプレイが配備されるときの写真を見ると、全幅25.5mもの機体が揚陸艦に搭載する為翼迄回転する仕掛けになっている。あの「ぶきっちょ」がよくもこう「ちまちま」した仕掛けをするもんだと思わせる程、全幅が小さくなっている。

           

          今度の寫眞を見ると回転翼(プロペラ)迄、畳んで右翼は取り外してあり、胴体にクレーン状の柱が2本見える。之でエンジンがはずせるのか。日本だったら「緊急時」のことは考えないので、こんな処置はない。この考え方はこの装置で「1機用廃」になるかどうかの考えかただ。之を「ダメージコントロール」の良し悪しという。

           

          前大戦でこれが日本の敗因の一つといわれる。米は以外に大損害でも「ダメコン」が良いため、艦船が沈没していない。

           

          嫌われ者のオスプレイもこんなに「ダメコン」が良いのである。

          | - | 17:51 | - | trackbacks(0) | - | - |
          市電。
          0

            都電で思い出すのは1944年頃城東区亀戸9丁目の鋼線会社へ勤労動員で通っていた頃の電車。

             

            クラスメイトが芥川賞候補に自分たちの経験を書いた工場だ。錦糸町〜亀戸は「城東電車」と言う別会社(都電に合併)古い4輪車だ。インターネットでは「米代川造船」の欄にある、400型と言うらしい。

             

            木造で前後の運転席は独立しており(客室は1段上がりドアを開けて入る。定員52名)4輪だから前後の上下動が激しい。ポールで電気をとる。車掌は運転席から後ろに背伸びしてポールを操作する。

             

            大体何時も満員。亀戸9丁目へ来たときは既に満員、外側にぶら下げる為に停まる。どこか、外側に足の踏み場を見つけて、「ぶら下がる」だから「がったん」で上下へ動くいて、振り落とされる者も出て来る。スピードは遅い。(7,8キロ)だから怪我はしない。今のように「老人社会」だったら大変だろう。

             

            乗る距離が長くないから、屋根の上とかへは乗らない。大体車掌席周りの外側にぶら下がる。

             

            この工場、最近見にいったというより、その1階に区の施設がある。区画は昔と変わらないので、すぐわかった。公団系の高い建物に取り囲まれていた。

            | - | 17:49 | - | trackbacks(0) | - | - |