冷蔵庫。

  • 2017.09.19 Tuesday
  • 17:46

冷蔵庫の寿命が来た。10年。症状はいはば脳梗塞、時々起きる。買い替えることにした。

 

妻は感謝を込めて中も綺麗にして古いのを送り出したいという。

私は冷凍品のこともありそんなに中のモノを露呈したくないと論争になった。

亡き永六輔氏(遠い親戚)がラジオで旧歌舞伎座が終わりの時、舞台の裏方達が掃いて、拭いてと涙ながらに放送したのを思い出す。私こういう話好きである。そうしたいが、現実は・・・。

 

冷凍品の一時預かりには保冷箱が必要。魚河岸の場内で使い捨ての白い箱の捨て場を見たことがある。現に船堀で近くのスーパーで白い箱を貰って来てベランダで糠漬けの箱入れに使っている。近くにスーパーはあるが、裏口から行けそうもないので、サービスカウンターで「有料でも」と言って頼んで見たが断られた。魚河岸でも船堀でもあの廃棄物は専門業者がリサイクルで金を貰って引き取っているらしい。之をある国に輸出する(特に日本のは良い)、公でも企業廃棄物は有料、公より安い企業に頼むわけ。魚河岸でも、船堀でもその中間で詐取しなければ手に入らない。

 

一方、新しい方は百花量欄。安い奴を頼んだら。玄関は、廊下の一番狭いところは・・・。当日配達時間を知れせるという。30分前に冷蔵品を出せば、解けないうちに、新しいウチに入れるわけ。つまり、仮設は不要。さて、どうなるか?

 

1130,食事を終えてストックの発砲スチロール製箱と保冷剤を活用して冷蔵庫内の食品を外へ、庫内をすっかり掃除してコードを巻いて、13;00新しいのが来た。2〜3時間は冷えないでしょうとの声を聴きながら、食品を中へ、今日で2日、お腹も壊さないでいる。

 

「冷蔵庫の掃除って意外に簡単」って女房、そんなら年に1度は願いましょうか。

この記事のトラックバックURL
トラックバック