SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

白木屋伝兵衛六代目・中村梅吉のBlog 「うめくさ」

今は隠居中の6代目中村梅吉。彼は白木屋中村伝兵衛商店の先代だけでなく、江戸の歴史・文化研究者の一面も持っています。その彼が記す江戸のこと、京橋のこと、歴史のこと。どうぞ気を楽にして、お付き合い下さいませ。
<< 病院の半日。 | main | あのオスプレイ。 >>
市電。
0

    都電で思い出すのは1944年頃城東区亀戸9丁目の鋼線会社へ勤労動員で通っていた頃の電車。

     

    クラスメイトが芥川賞候補に自分たちの経験を書いた工場だ。錦糸町〜亀戸は「城東電車」と言う別会社(都電に合併)古い4輪車だ。インターネットでは「米代川造船」の欄にある、400型と言うらしい。

     

    木造で前後の運転席は独立しており(客室は1段上がりドアを開けて入る。定員52名)4輪だから前後の上下動が激しい。ポールで電気をとる。車掌は運転席から後ろに背伸びしてポールを操作する。

     

    大体何時も満員。亀戸9丁目へ来たときは既に満員、外側にぶら下げる為に停まる。どこか、外側に足の踏み場を見つけて、「ぶら下がる」だから「がったん」で上下へ動くいて、振り落とされる者も出て来る。スピードは遅い。(7,8キロ)だから怪我はしない。今のように「老人社会」だったら大変だろう。

     

    乗る距離が長くないから、屋根の上とかへは乗らない。大体車掌席周りの外側にぶら下がる。

     

    この工場、最近見にいったというより、その1階に区の施設がある。区画は昔と変わらないので、すぐわかった。公団系の高い建物に取り囲まれていた。

    | - | 17:49 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://blog.edohouki.com/trackback/867225