SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

白木屋伝兵衛六代目・中村梅吉のBlog 「うめくさ」

今は隠居中の6代目中村梅吉。彼は白木屋中村伝兵衛商店の先代だけでなく、江戸の歴史・文化研究者の一面も持っています。その彼が記す江戸のこと、京橋のこと、歴史のこと。どうぞ気を楽にして、お付き合い下さいませ。
<< ウチの起源。 | main |
忖度と西郷。
0

    前にも書いたことがあるが、もりかけ問題を見ていて、あることを思い出した。

     

    江戸東京博物館展示解説ボランティアを10年間していた時、何か別の問題で江戸橋北東詰を調べたことがある。

     

    あの辺の土地は維新後「西郷隆盛」の持ち物になったことがある。その時の沽券図(今の権利書)が残っているが「西郷隆盛」の沽券は周りに比較して半分位(だったと思う)。

     

    調べていないので、知らないが、維新前はどこかの武家のモノで維新後政府に返されたもの、あの「西郷」さんがそんなこというわけない人格者なので、その土地を扱った当時の役人が西郷さんのであると「忖度」し、周囲の半値で処理したものと想像される。

     

    どうせ、「もと」は「ただ」だからだ。

     

    沽券図以外は全部私の当時の知識を基にした「想像」である。昔も今と同じであるとは思いたくないのだが・・・。

     

    | - | 12:50 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://blog.edohouki.com/trackback/867236