1枚の鉄板

  • 2019.05.28 Tuesday
  • 20:00

1945年3月10日(戦争時東京大空襲)朝16歳の私は本所深川が酷いという親父の風評と今朝から学校警備の番だんの思いに駆られ、電車は不通だからと、親父の自転車を借り、本所江東橋の学校へ急いだ。ウチを出てすぐ八丁堀から永代橋まで、焼けていた。こんな大火ははじめて、永代を渡るともっと焼けている。千葉街道を右に曲がる。初めて焼死体を見た。先を急ぐ。ドンドン死体は増えていく。学校はコンクリートだから煙の中、すっくと立っている。

 

全焼の学校で結果論からだが、前の晩、番だった10名は全員助かった(地の利だろう)焼け残った部屋が1階に一つだけあった。その前の扉の外に親子の焼死体もあった。色々な理由と幸運があったのだろうが、その部屋マイインの避難民は助かった。たった、1枚の扉である。

 

6号団地、外と開け放たれている。普通建物は外からは入れない。防犯上は論外として、非常時の類焼の危険である。非常時の大火の恐ろしさは経験者でないと想像出来ない。東京の中央通りを西の火災が通りを超えて東へ移るのだ。明治座の前の大通りを「火炎」が走ったと想像出来るか。

 

時と場合によるが「鉄板」1枚で防げる。

 

6号団地には非常時に閉める「鉄扉」がある。私が住んで5年、訓練も含め、「閉めた」のを知らない。年に1度位閉めて見たらどうだろう。第一閉め方を誰でも知って置いていいのでは、ないどろうか。

 

戦時中「防空演習を嗤う」と毎日新聞が社説を書き、東条英樹の怒りを買い、懲罰招集された話は有名だが、「鉄扉」を閉めて見たら、「故障」で閉まらないのが出るかもしれない。

 

 

人に勧めたくなるモノ・江戸箒(ほうき)

江戸箒(江戸ほうき)老舗|白木屋傳兵衛

 

この記事のトラックバックURL
トラックバック