隠居の独り言(鰻のたれ)

  • 2019.09.03 Tuesday
  • 08:00

一人住まい、料理、洗濯、入浴、一人でやっていると、かみさんのご恩を感ずる。御恩ばかりでなく、色々なことも解って来る。料理、麻婆豆腐があんなに簡単に出来るとは知らないんだ。

 

大体、料理って、「下ごしらえ」に時間も手間もかかる。下ごしらえとはちょっと違うが、暑くなって、野菜の保存に困った。キャベツなんか、1個買って1週間で食べきれない。腐る。毎日、毎日、腐ったキャベツを剥いでいた。『切キャベツ」の袋を買って気が付いた。こんなのならと思い、次に1個のキャベツを買って4っ割にし、3個を冷凍にし、1個を「切キャベツ」にした。ひと月掛けて1個を使い切った。カボチャも同じである。やって見なけりゃあ分からない。

 

鰻のたれは百年も使い続けるというが、科学的に言うと1月で「もとだれ」の3/4は使っちまうそうである。私は安い鰻(も滅多にたべないが)は酒だけで煮る。これに袋の垂れ(足りなければにんべんを足して)で温めて、満足している。

 

ドミグラも職業がら朝から晩まで沸かせれば野菜のはっぱ、骨、何から何まで、で作れるのだが、マネ出来ない。売っているものは銘柄品でもダメ、洋食屋でも余程のところでないと、既製品で作ったとしか言えない味、これなら、自前とそんなに違いはない。

オレの舌能力が低下したのかも知れない。

 

材量が特定している時、「何を作るか?」はinternetは役に立つ。それにしてもこっちはレシピを探すのに、商品販売の多さにあきれる。

 

人に勧めたくなるモノ・江戸箒(ほうき)

江戸箒(江戸ほうき)老舗|白木屋傳兵衛

この記事のトラックバックURL
トラックバック