SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

白木屋伝兵衛六代目・中村梅吉のBlog 「うめくさ」

今は隠居中の6代目中村梅吉。彼は白木屋中村伝兵衛商店の先代だけでなく、江戸の歴史・文化研究者の一面も持っています。その彼が記す江戸のこと、京橋のこと、歴史のこと。どうぞ気を楽にして、お付き合い下さいませ。
病院の半日。
0

    長年お世話になっていたG病院に1年半無沙汰した。

     

    飲用している前立腺がん抑制材「アボルブ」の生産がフランスで止まって仕舞ったとかで3月飲まなかったが、PSAが変わらないのがわかった為だ。処が最近夜間頻尿(就寝中3度目覚め)で、再診を願った。予約から一月、10;10到着、「大体何時?」「T先生、人気なんで昼頃」と受付嬢、呑気に構え、ウォークマンででディオンヌを聞く、11時呼ばれる。

     

    「血液検査(採血)してから、膀胱のエコーを」、採血を終えてエコー、先生に1年半ぶりに遭う。膀胱は少な過ぎてダメ。尿がたまって「行きたくなったら」と帰される。待合で自分が「ミルクのみ人形」だと思い出し、水を5百cc位飲む、30分、こうなると、「行きたくなる」のはどんな「感情」なのか?、ままよと受付へ、装置の有るトイレへ案内され「やり方」を説明され、尿量は150cc、後残量測定(エコー)80ccも残っているとか。12;00の二ユースを待合で見て13時頃やっと先生、諸般の状況を相談し、データーPSA7.1を見て一月間「アボルブとハルナール」を飲んで見ることとした。

     

    採血はいつも感ずるのだが「慣れている」ので旨い。結局数なのだろう。こっちはPSAだけで良いのに、血液検査は40項目もの結果、会計は合計7千円も、1年半経って他病気も考えたのであろう。検査の結果、春に高かった血糖値、コレステロール、など春、高いので、ケーキ類を控えた為か劇的に良くなっているのが解かった。

     

    結局は私の思う通り(手術はしない、アボルブだけ)の結果になったが、良い経験だった。皆さん、体が悪かったらお医者さんへ行こう。

    | - | 17:48 | - | trackbacks(0) | - | - |
    冷蔵庫。
    0

      冷蔵庫の寿命が来た。10年。症状はいはば脳梗塞、時々起きる。買い替えることにした。

       

      妻は感謝を込めて中も綺麗にして古いのを送り出したいという。

      私は冷凍品のこともありそんなに中のモノを露呈したくないと論争になった。

      亡き永六輔氏(遠い親戚)がラジオで旧歌舞伎座が終わりの時、舞台の裏方達が掃いて、拭いてと涙ながらに放送したのを思い出す。私こういう話好きである。そうしたいが、現実は・・・。

       

      冷凍品の一時預かりには保冷箱が必要。魚河岸の場内で使い捨ての白い箱の捨て場を見たことがある。現に船堀で近くのスーパーで白い箱を貰って来てベランダで糠漬けの箱入れに使っている。近くにスーパーはあるが、裏口から行けそうもないので、サービスカウンターで「有料でも」と言って頼んで見たが断られた。魚河岸でも船堀でもあの廃棄物は専門業者がリサイクルで金を貰って引き取っているらしい。之をある国に輸出する(特に日本のは良い)、公でも企業廃棄物は有料、公より安い企業に頼むわけ。魚河岸でも、船堀でもその中間で詐取しなければ手に入らない。

       

      一方、新しい方は百花量欄。安い奴を頼んだら。玄関は、廊下の一番狭いところは・・・。当日配達時間を知れせるという。30分前に冷蔵品を出せば、解けないうちに、新しいウチに入れるわけ。つまり、仮設は不要。さて、どうなるか?

       

      1130,食事を終えてストックの発砲スチロール製箱と保冷剤を活用して冷蔵庫内の食品を外へ、庫内をすっかり掃除してコードを巻いて、13;00新しいのが来た。2〜3時間は冷えないでしょうとの声を聴きながら、食品を中へ、今日で2日、お腹も壊さないでいる。

       

      「冷蔵庫の掃除って意外に簡単」って女房、そんなら年に1度は願いましょうか。

      | - | 17:46 | - | trackbacks(0) | - | - |
      人の名。
      0

        アメリカのイージス艦と貨物船がぶつかった。レーダーだらけの船が夜とは言え相手の船がレーダーに映らねえのかよ。と言いたいのだが、(アメリカは戦争するのも9時〜5時迄?)問題はその艦名だ。

         

        「フィッツジェラルド」と言う人の名前、米艦は武勲者の名前を多用する。1時間もすると私の知っていた「フィッツジェラルド」は「リー フィッツジェラルド」なる歌手。私の好きなのは黒人のジャズ歌手で麻薬に手をだしそうな人。まあ米艦の名に採用されることはあるまい。

         

        新聞に「イージス艦」の解説が出ていた。その艦種が出来て30年もすると大衆はそれも解からなくなるらしい。「イージス」はギリシャ神話で女神アテナの防具に由来するという。冗談じゃあねえ。30年前「イージス艦」が出来た時は、「全自動全方向探査電磁探知艦」の長い英語の数語命名の頭を採ってEAGISにし、それが女神の防具に似ていたから、それが通例になっただけで、飛行機のおおきいから「ジャンボ(大きな象)」と呼び名にしたのとは全然違う。地対空ミサイル 「パトリオット」(愛国者)も何らか正式名称の略字の集合だ。

         

        その間の事情を「すっ飛ばす」と本質を見間違う恐れがある。

        | - | 10:45 | - | trackbacks(0) | - | - |
        不便なもの。
        0

          TV(NHK朝一)で不便なものを放送していた。30年時間を戻して「不便」のほうが、便利だという番組である。30年前と比較すると。次のが無い。ドラム洗濯機、自動掃除機、食器洗い機、スマートフォン、etc、比較するまでもない。ウチには前記は全部ない。つまり30年前と同じ、何故って、それで不便を感じないからだ。

           

          ドラム洗濯機はそれ以前の機種に比し数倍と言いたいが、10倍以上する。まあ、30年で所得格差が生まれたんだろうけれども、何か世の中可笑しい。

           

          人間はスイッチを押すだけ。料理はコンビニ任せ、買い物はクロネコ任せ、遊びに行くのだけ本人が行く。賢くなるのは機械で、人間はますますアホになる。学歴ではない。高学歴でも悪いことしてる奴は居る。(実例を挙げたいけど破防法で取っ捕まる恐れがあるのでやめる)

           

          低所得者は精々「騙されないように」気をつけよう。

          | - | 10:44 | - | trackbacks(0) | - | - |
          黄門さまと公方さま。
          0

            読む本が無い話はした。正確に言えば借りて来る本が減ったことで、気が付いた。

             

            買ったけど「読んで無い本」がある。表題の本が目に付いた。著者は山室恭子さん、東大の資料編纂所、大岡山出だから、理系、平成10年に買ってある。黄門様は嫡男を差し置いての世継ぎとそれを気にしていたのは知っていたが、その事情を詳しく、公方様は犬公方と呼ばれた綱吉。これ程、評価の見る人によって違う人はいない。その「規制」の嘘本當について。

             

            前の中納言を黄門というが、大師は弘法に奪われ、祖師は日蓮に奪われる類で、水戸光圀を建て、横に解剖している割には「新しい発見」はない。光圀が「大日本史」制作に公費を使い過ぎ、水戸藩が困った話は「これっポッチ」も出て来ない。

            公方様の「犬」イメージは大分私の知識のない部分があったので参考になる。特に「規制」の終わり方は参考になった。将軍ともなると、「死んだだけ」では終わらないのである。

             

            これからは「こんなときの為では無いのだが」ウチの本が役に立つのであろう。最近借りた、文春5月号は半日で読み終えた。つまりそれだけ、「読まない(必要の無い)部分」が多いのである。それだけ、文春が遠くなった。それは自分にとって、社会が遠くなったことを意味している。

            | - | 10:43 | - | trackbacks(0) | - | - |