隠居の独り言(遺産⇒邯譴遼蹇

  • 2019.08.30 Friday
  • 08:00

落語家が落語本題に入る前の話を「まくら」と言う。現代は現代の話が多くなっているが、ひと時代前は古い「言い伝え」が多かった。

 

「武士、鰹、大名小路、生イワシ、 茶店、紫、火消、錦絵」それに続けて、江戸名物として「火事に喧嘩にちゅうぱら(腹)」続けて「伊勢屋、稲荷に犬の糞」といって、それぞれに注釈なりシャレをいったりする。(全部7、5調)

 

「武士、鰹・・は江戸のほか京都、大阪、奈良がある(字にしたいがノートを調べないと・・)

 

それ以外にも数あるが、其の殆どは江戸時代の蜀山人の作である。和歌、俳句、川柳の類も同様である。

 

問題はこれから、「武士カツオ・・」を正しくいっているのは生蔵、金馬、大概、「どっかが」違っている。1番ひどいのが志ん生、自分の師匠からの口伝、当人の思い違い。その点現代の落語家達は勉強すると見える。

 

古来、文筆家、アナウンサー、はその殆どが落語を知っている。私の知っている例としては司馬遼太郎さんが「落語を聞きながら寝る」。大阪の大家が「貴方の落語が一番寝られる。と司馬さんに言われ、「褒められているのか、けなされているのか?」と苦笑していたと。唯それを学問にする方は早稲田の「難しい苗字の先生」以来絶えておいでにならないらしい。

 

人に勧めたくなるモノ・江戸箒(ほうき)

江戸箒(江戸ほうき)老舗|白木屋傳兵衛

隠居の独り言(遺産 

  • 2019.08.29 Thursday
  • 08:00

オレが居なくなると無くなるかも、がもう一つ出た。落語である。オレの江戸時代への知識の半分は落語から来ている。落語でも素のみには出来ない。ヒントを貰うだけで事実かどうかの考証も必要がある。

 

きっかけは先日天文館(郷土資料館)の女性と何の話から楽語になったのか忘れたが、落語が単に江戸時代文芸ではないこと、つまり、学者様が御研究されていること以外の庶民的なこと、例えば明治時代、墨田川に橋群が掛かる前、(今博物館的に掛かって居る墨田川の橋達が、軍縮時代、造船所を救済する為、掛けられた事実をご存知か?)墨田川の「舟渡の名前を二けた言える人」と設問すると、答えは先代金馬より知らない。

 

私がwalkmanを使って3台、30年になる。今でも全部現役である。唯、その音源は殆ど中央区図書館、金馬、志ん生、談志、ほか数名の音源はあるが・・・

 

現役のN-WE053,N-WS755のソフトはソニーがやめたので、(3台目のNW-S315は問題なし)中身は聞けるが、それをコピーする方法が私には出来ない。

 

中身が問題なのである。明治の話家(録音状態良くない)より、文楽、園生、三木助、時代のほうが、と言うより、金馬が前時代を知る為には1番役に立つ。

 

何とか、次世代の役に立ちたい。

 

人に勧めたくなるモノ・江戸箒(ほうき)

江戸箒(江戸ほうき)老舗|白木屋傳兵衛

隠居の独り言(田舎者)

  • 2019.08.28 Wednesday
  • 08:00

中央区のシニアセンターでお話を頼まれた。1か所は佃、もう1か所は入舟町、勿論2週間おき、題は同じだが、江戸時代のすべて、識字率から江戸文化まで、2回とも同じ題だが、私のことだ、毎回話が違う。先日、江戸博で今の(若い)人は「忠臣倉」を知らなくて困る。なる話を聞いたが、「江戸時代」を凡んどご存じない(であろう)老人である。まあ、なんとか話は終えた。

 

問題は行き帰り、開始は朝10時久し振りにラッシュ、佃は太極拳で行きなれている(とはいえ30年前)が、入舟町はもっと久し振り、お化けはどこでも道に迷う。宝町からでは往復1万歩で無理、地図で調べると、どうしても東西線2駅を使う。東西線の朝のラッシュは音に聞こえているから避けて、菊川から都バスで八丁堀2丁目までで後歩き。わりにスムースにいった。

 

帰りは久し振りにメトロしかも乗ったことのない日比谷線で水天宮で乗り換えて住吉まで、何処をどう動いたのか、地方から初めて東京に出て来て地図を頼りにと言う気持ちが解った気がした。住吉で新宿線を見た時、心から「安堵」した。田舎者とは地方出身者のことであるが、今は「差別用語」どうせ差別用語なら皆が解らない「浅黄裏」とでも言っておこうか。

 

明日26日と8月20は日本橋図書館でお話。これはガラリ変わって45年1月の銀座爆撃体験談である。これは正真正銘の東京人。

 

人に勧めたくなるモノ・江戸箒(ほうき)

江戸箒(江戸ほうき)老舗|白木屋傳兵衛

隠居の独り言(取り残された・・)

  • 2019.08.26 Monday
  • 08:00

 

ヴィデオを買い換えて使えなくて困ってるのを書いた。そればかりではない。スマートフォンがそうだ。私も携帯は一応もってはいるが、ガラケー。

 

今月縛りが切れるので、買い換えようと相談したが、ナシのつぶて。どうしてスマートフォンかといえば、足がダメになりそうなのでタクシーをと思ったが、流しを見かけない。SFで予約が本流になるらしい。(病人、年寄はどうしているのだろうか)災害情報もSMだと簡単らしい。大体、電気製品は3〜5年が寿命(製品の変わりが速いので)らしいが、オレは使ってるwalkmanは10年前だがソフトがないので、中身を取り出したいのだが、出来ない。最近、体力、気力、やる気、出来ること、とみに減って来ている。

 

少し、スピードが速すぎないか?大事故が迫っている気がして、心配している。

 

人に勧めたくなるモノ・江戸箒(ほうき)

江戸箒(江戸ほうき)老舗|白木屋傳兵衛

隠居の独り言(野菜との闘い)

  • 2019.07.20 Saturday
  • 23:16

陽気が良くなった。かみさんがGHへ行って3月半、朝はパンと飯の交互、飯は揚げと豆腐の味噌汁と香のもの、かみさんの宝物漬物やってんだぞ!(まさに糟糠の夫)パンは野菜のスープ、このすーぷ、キャベツ、ニンジン、カボチャ、玉ねぎを核50宛にこんで、にこみスープを1っ諸に飲む。(このメニュウ誰でも褒める)陽気がきくなって、野菜が持たない。冷蔵庫に裸で入れてるのではなくとも、腐りかかる。腐れとの闘い、2人でも少々なのに、一人で1日置きのメニュウだ。腐りやすいモノの順はキャベツ、キュウリ、カボチャ、・・・胡瓜は胡瓜もみに、カボチャは夏の間中止、キャベツも腐りかかりを手入れして使った居たがスーパーの「千切り」はいやなので何か他の方法を講じよう。小松菜、ホウレンソウ等の「菜類」は「チン」でふかし「冷凍」してみると良さそう。

困難は人を成長させる。

 

人に勧めたくなるモノ・江戸箒(ほうき)

江戸箒(江戸ほうき)老舗|白木屋傳兵衛